スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書き置き(RIDE256の感想)

読みました。







ツイッターで荒らすにはあまりにも長く(と思ったけど書いたらそんな長くなかった)、考えることがたくさんあって、今私が考えてることを全部覚えておきたいからブログに書きました。




山神東堂と天使真波の聖戦は、私が想像してたものと全然違いました。
もっとRIDE221の時みたいなハコガク内のこととか話すのかと思ってました。
まさかここで一番気になってたことが書かれると思ってませんでした。

私は真波君と坂道君の関係が、ほんっとうに大好きです。
3日目になって総北箱学それぞれがすごい剣幕で鬼気迫る戦いが時に見てて息苦しくても、ふたりが笑って走ってることだけが毎週ペダルを読める良心でした。
でもそれはふたりにIHを経験した確執がなかったからというのも大きかったんだと思いました。

私が想像するボトルを返すシーンは、走り終わった後に青空の下でふたりが最後に小高い丘とかで会って、坂道君がすごいたどたどしそうに返して(ここは予想通りだった)真波君もさらっと「次は負けないよ」とか、「キミみたいなライバルに会えて良かった」とかいうのかなって思ってました。

ゴール後にさらっと肩あわせてたあれは、本当に、全部終わった開放感から笑えてただけのかもしれなくて、私はあの1シーンだけであのふたりはこれからもあんなままだって変に安心してたけど、本当はそんなわけなくて、
これは箱学が負けるシーンを見るより辛かったです。
坂道君に会わなければとか助けなければとか、IHにいこうって言わなければとか真波君が思うことがとても見てて辛かった。
あのシーンの後でそんなこと思うまで思い詰めてたシーンを想像するだけで天国と地獄…†††
でもこの葛藤のシーンは後にも先にも絶対忘れられない。


わたる先生は実際に走ってるのも大きいと思うけど、漫画らしさとレースの生々しさを織り交ぜるのが本当にうまいと思います。キャラクターの動きはすごく漫画っぽいのに、最近は特にそうですが、大事な所を漫画らしく描かない。
真波君がボトルを捨てましたって言った時、走行中のあの険しい道を汗だくで登っていく道路の泥臭さや、到着するまでの息があがる空気をすごく思い出しました。
真波君が坂が大好きであれだけ執着しててそれがIHの3日めなら、そんな気持ちは私が思ってるよりもっともっと大きいんだと思います。
あれだけ大変なレースをして必死に走っていくら真波君でもしがらみが残らないわけがないですよね。
わたるが真波君と坂道君の関係をただの仲良しみたいにしないでくれてそこは良かった。
(けど見てるのが辛い。本当に辛い)
次にふたりが再会するときがこんなに大事になるなんて思わなかった。

辛い。他校同士って本当に辛い。辛い。辛い。
尽八と巻ちゃんにはこんなこと今までいっぱいあったんじゃないかなと思って、ふと円満そうな東巻のことも改めて考え直そうと思いました。
あのふたりも、今みたいな関係になるまでこんな思いをたくさんしてきたのかなって気になりました。
東巻は最初からライバルで、山坂は最初ライバルじゃなかったけどさ。。。
去年のIHのこととか、チームをとるかライバルをとるかみたいな考え方を迫られたことはたくさんあったんじゃないかと思いました。
そんなことをいっぱい抱えてこそできた真波へのアドバイスやふたりの関係なんだと思うともう山神様かっこよすぎて…やばい、私もう尽八に足向けて寝れない。
尽八かっこよすぎて短髪でカチューシャなくて頭明るかったら本当に惚れてたからァ!!!!!!!!(アイデンティティの消失)
そうすると金城さんと福ちゃんのこととかも考え出して…私は今一度他校同士の全ライバルについて考察しなおそうと思います。
アシキバ君と手嶋君もね。ふたりで一緒のチームになりたかったけどライバルになっちゃって手嶋君は主将でアシキバ君はエースで、後輩をこれから背負わないといけなくて、きっと矛盾することたくさん考えるんじゃないかな。
もうそういうの見るの本っ当ーーーーーーーに辛い(;ー;)もう見たくない(;ー;)

でも最後に絶対にそんなことも大事な思い出になってくれるならがんばって最後まで読もうと思いました。
好きなものを大事にするってことも今回の本誌でめっちゃ考えました。
ジャージを捨てれば、今やってることをやめればいくらでも楽になれるんだよな。
やめないことは全部受け止めることだよな。
真波君がこれからそういうことをもがきながら全部抱えていくなら私もそうしないわけにいかないよな。
と、日常に喝を入れたりもしました。笑
ペダルのキャラには一途になることの素敵さや尊さを一番教えてもらってる気がします。

スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://bakiko.blog63.fc2.com/tb.php/160-642bdfcc

Comment

Comment Form
公開設定

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。